FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

永遠のブランド「シャネル」 No.1 シャネルの歴史−1


永遠のブランド「シャネル」
No.1 シャネルの歴史−1



Google検索で「シャネル」と入力し、検索を始めると

シャネルは、1909年、フランスのパリで始まったことが

わかる。今から100年以上前です。

100年以上続く、まさに永遠のブランドですね。


創立者は、かの有名なココ・シャネルですね。

彼女のストーリーは、【映画】ココ・シャネル

になったほどです。

彼女の愛と壮絶な人生を垣間見ることができます。


12歳にもならないうちに、母親はなくなり、父親に捨てられ、

そして姉ジュリアと共に、女子修道院で育てられたようです。

妹のアントワネットは、30歳でなくなったようです。

たいへん かわいがっていた妹の非業の死だったのです。


修道院で、お針子の技術を学んだが、歌手になることを夢見たそうです。

でも、残念ながら歌手の才能にはめぐまれなかったのでしょうか。

キャバレーでは、「Ko Ko Ri Ko(コケコッコウ)」と、

「Qui qu'a vu Coco dans le Trocadero

(トロカデロでココを見たのはだれ)」

を歌っていたとか。


その後、趣味で作っていた帽子が評判で、

帽子店を営むようになたみたいですね。

これが意外と良い評判だったそうです。

1909年のことです。


このころから才能を発揮しだした感じですね。

その才能は、その後服のデザインにも拡大していきました。


これが、帽子専門店「シャネル・モード」です。

その後、1913年に、ドーヴィルに2号店を開店します。

時は、あの第一次世界大戦の前年です。

そして、シャネルは。。。


続きは、No.2でつづりたいと思います。



誰も知らなかったココ・シャネル


♪ 永遠のブランド「シャネル」 | No.2 シャネルの歴史−2





健康美魔女応援団に戻る

関連記事
スポンサーサイト
ハーブな生き方


ツライ更年期でお悩みの方に
【太陽の恵み】
最近の記事
プロフィール

risu

Author:risu
生息地: 日本
ようこそおいでくださいました
あなたのお越しを心より
歓迎いたします。
どうぞお役立てください。

記載事項

免責事項:当サイト上の情報は,ご利用になられる場合,どうぞ自己責任でご使用ください。当サイトはそれらの使用に伴う責任は基本的には負わないものとしますが,問題,トラブル,問い合わせ等については,それぞれのサイトの問い合わせ窓口にてくわしくご確認できますのでご活用ください。また,これらの事項は,当サイトが管理するすべてのページにも当てはまるものといたします。ブログとしての性質上ご了承いただければ幸いです。しかし,当サイト管理者としましては,できるかぎり皆様方のお役に立ち,十分に楽しんでいただけるように,今後とも日夜全力を尽くして励む所存でございます。ありがとうございました。
特定商取引に基づく表示について:当サイトは、アフィリエイトプログラムにより、ECサイト(お店・企業)の商品を、ご紹介しております。特定商取引に基づく表示につきましては、各ECサイト(お店・企業)のホームページにて、ご確認して下さいますよう、よろしくお願いいたします。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。